スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Expres5800/S70タイプ RBまとめ

 いままで Expres5800/S70タイプ RBをメイン PCと入れ替えるためにいろいろいじってきましたが、マニュアルに無い情報、気付いた事などをまとめようと思います。
基本的な情報は、NEC Express5800/S70 タイプRB wikiへどうぞ。

● マザーボード
 筺体の電源用 LEDや、HDDアクセスランプ等のコネクタは、2種類あります。
一列コネクタのワークステーション互換端子 と二列コネクタの Gモデルサーバ互換端子 (マザーボード正面側板端中央部 JFP2)です。
 よって Express5800/110Ge, GT110a等のミニタワー筺体に実装するときは、そのままケーブルが流用できます。
ただし、110Ge, GT110a等の電源ランプは、二色表示ではないのでスリープにすると消灯します。

・CMOSクリア
 CMOSクリアはマニュアル通りに正しい方法で行うようにしましょう。(^o^)b
電池を抜いて放置したり、Gモデルサーバ互換端子付近にある CMOSクリアのジャンパを使用すると不完全に終わります。
電源投入後にスタンバイ状態になったり、メモリを全容量認識しないなどの異常動作となります。
異常動作になっても正しい方法でクリアすれば回復します。

・ファンコネクタ
 背面排気用ファンの端子にほかの PWM制御ファンを取り付けると回転数が低すぎてファンが回らない場合があります。前面吸気用ファンの端子ではそのようなことが起こりにくいのでここから分岐することをお勧めします。
AINEXのファン PWM信号 4分岐ケーブル WA-864PSを使用するとマザーに負荷がかかりにくくなるのでお勧めです。
 ただし、背面排気用ファンの端子からファンを取り外してしまうと BIOS起動時にエラーとなってしまうのでダミーで回転センサの信号だけを伝えておく必要があります。
CPUファンから回転センサの信号を分岐させて外したファンの端子に繋ぐと良いと思います。
SPEED FANは、以前記述したように、起動後にしばらくするとハングアップするので使わない方が無難です。

● BIOS
 この機種について某所で不具合があるとか欠陥があるといわれていますが、そのような事実はありません。
 AHCIモードでの使用は、マニュアルに表記が無いように動作保証外の行為です。SSDなどの純正品以外の機器を増設して運用したり BIOSを書き換えたりすることも改造行為であり動作保証外です。BIOSで設定できるからといって不具合なく正常に使用できるという認識は誤りです。この点、自作ユーザーでは常識だと思います。
 また、この機体はサーバでありスリープでの運用も想定されていません。Gモデルサーバの Express5800/GT110bでもできますが、ファンの電源が切れません。
 NECが禁止している改造や動作保証外の行為を指して NECに BIOSの修正を要求する、問い合わせる等の行為はサポート業務を著しく妨害し、引いては他の一般の顧客の迷惑になるので絶対にしてはいけません。

 ちなみに、某所の情報で BIOSの ACPIテーブルを改造した場合に AHCIモードで起動したとき、
Windows7 x32ではスリープと復帰ができ、DVDが消えることはありませんが、まれに OS上のドライブレターが入れ替わります。一方、Windows XP Pro SP3では、スリープからの復帰後に ATAPI機器が消える現象が発生します。
 私的には、Intelのラピット・ストレージ・テクノロジーとの相性という印象です。もっとも、イレギュラーな方法で運用しての不具合なのでサポートも修正も不要ですが。(^ ^;;
 なお、BIOSの改造と書き換えはできます。BIOSはソフトウェアですので別途、著作権や関連する法律が絡みますのでくれぐれもご注意ください。当方は、BIOSの書き換えを推奨しません。 他に、吸い出した BIOSにはシリアル番号等の機体の識別情報が含まれますので絶対に公開しないでください。

書き換えを普通にやるとWindows系 OSでは、ACPIテーブルのエラーでブルースクリーンとなります。ただ、少~しやり方が違うだけです。それなりの知識がある方なら気付くと思います。
知識のない方が安易に改造すると危険なので、詳しい方法はあえて示しません。書き換えがうまくいった場合は、メモリを 16GB積もうが PCIスロットを増設しようが表向き動作に異常は見られませんでした。ただし、本当にこれで不具合が解消しているかは前述のようにはっきりしません。

● CPU
 Pentium G6950以外でも LGA1156に対応した CPUに交換できます。
 CPUクーラ自体は、Xeon X3480に余裕を持って対応しているので交換の必要はありません。
 Celeron G1101等の GPU内蔵グラフィック機能をもつ CPUであれば、同機能を使用できます。
 Xeon系の CPUに交換した場合は、メモリの ECC機能が使用できます。ただし、ECCエラーログを確認する機能はありません。
 一応、SetFSBで クロックアップできます (クロックアップによる焼損は保証外)。「CV183-2APAG」に合わせれば OKです。Core i7 870 メモリ 16GBでは 1割も上がりませんが。

 なお、某所で Pentium G6950が Core2 Duo E8400と同等の能力といわれていますが嘘です。ターボブースト無し、ハイパースレッディング無し、SSE 4命令非対応の Pentium G6950が Core2 Duo E8400を総合で上回ることなどありません。Pentium E6700辺りといい勝負といったところでしょう。それでもお買い得ということには変わりません。(^ ^)
 ネット閲覧、ビジネスソフト等の用途であれば、不自由ありませんが、動画のエンコード用途には厳しいでしょう。
 ちなみに、当方で調べた限りでは、Core2 Quad Q9650と Core i7 870では、ターボブーストとハイパースレッティング機能のおかげで若干 Core i7のパフォーマンスが高いという結果になりました。Sandy Bridgeの性能が高い最大の理由は、動作クロックが高いことが大きいので同じクロックであればそれほど差が出ないものと思われます。
 また、新機能は、Windows7に特化した内容なので、XPや Vistaでの運用では、恩恵は少ないものと思われます。メーカーの息がかかったライターの提灯記事や某商品モニターに当選したユーザーの口コミなどは、まず参考になりません。鵜呑みにしないようにしましょう。(^o^)b

● メモリ
 Pentium G6950では、メモリクロック 1066MHz動作ですが、1333MHz対応の CPUに交換すれば、最大 1333MHzで動作します。
 ECC対応メモリも使用でき、Xeon系の CPUに交換した場合のみ ECC機能が有効になります (バッファードも行けるそうですが当方は未確認)。また、ECC対応、非対応の混在も可能です。ただし、この場合は、ECC機能は無効になります。ECC機能の有無は、memtest86+で確認できます。メモリエラーログを記録するといった機能はありません。
 メインメモリから ビデオメモリを 256MBとりますので、デフォルトの 1GBでは、パフォーマンスが落ちます。内蔵グラフィック機能を活かす場合は、最低でも 2GBで運用することをお勧めします。

● 内蔵ドライブ
 HDDは、Western Digital WD1602ABYS を搭載しています。標準でも R/W共に比較的高速な部類のドライブです。
 DVD-ROMドライブは、SATA接続、他にこれといった特徴のないドライブです。
 FDDは未実装、コネクタもないので USB接続の物を別途用意することになります。USBメモリからのブートもできるはずですが、当方の環境ではなぜか途中でハングアップしてうまくいきませんでした。(^ ^;;

● インタフェース
 NICは Intel 82578DM 1000BASE-T対応です。
 ちなみに、BIOSを書き換える際に、自ら吸い出した BIOSの 8Mの方で書き換えると MACアドレスが飛んで NICが使用不能 (OSから認識されない) になります。
 復旧するには、一度 Express5800/54Xgの 8M BIOSを書き込んでから 吸い出した 2Mの BIOSを書き込むことで復旧できます。こういった改造をすると碌なことが無いということですね。(^ ^)b

 USB 2.0 I/Fは、外 8ポート (前2、後 6)、マザー上にピンヘッダの空きが 2ポート分です。
これといった特徴はありませんが、USB機器の認識がおかしい場合は、一度電源ケーブルを抜き、放電させてから再度電源ケーブルを差し込むと正常に認識するようになることが多いです。これは、この機種特有というものではありませんが。

 シリアル I/Fは 2ch、パラレル I/Fはありません。プリンタや DPPなどで セガサターン用ジョイスティックを使用したい場合などでは、別途パラレル I/Fカードが必要になります。
 なお、ハードウェアプロテクト等のドングルは増設カードの物では、リソースの関係で使用できないことが多いので注意が必要です。アドレスの設定が厄介ですが、玄人志向の 1P-LPPCI3で DPP経由のゲームパッドが動いています。

● 拡張スロット
 普通の拡張スロットです。カード長に注意が必要ですが機能としては制限もありません。PCIバススロットが 1スロットしかありません。PT1, PT2ユーザにはつらいところかも。(^ ^;;
 なお、PCIバススロットは、GH-EB262-C7にて増設することができます。

● グラフィック
 画質は、デジタル出力であれば綺麗です。アナログの場合は、1280 x 1024ぐらいであれば綺麗ですが高解像度にすると画質が落ちます。
 内蔵グラフィック機能は、デジタルとアナログでデュアルディスプレイが可能です。描画に関しては、ネットサーフィン、DVD鑑賞、ビジネスソフトの利用など一般用途であれば十分だと思います。Directx 9以降対応ゲーム、ネットゲーム用途には厳しいでしょう。
 Gen 2対応 PCIExpress x16 対応グラフィックカードを増設すれば、フルにその機能が使用できますが、内蔵グラフィック機能との併用はできません。自動で無効になります。

● サウンド機能
 モノラルスピーカを内蔵しているので、デフォルトの状態で本体正面からサウンドがなります。正面にヘッドホン、マイク端子があります。おまけ程度なので音質は期待できません。気に入らない場合は、背面の端子を使用することになりますが、5.1chアナログ出力を使用する場合は正面の端子を我慢して使うことになります。
 Windows 7の場合、RealTekドライバをインストールすることで背面の端子から 5.1chアナログ出力やサウンドのエフェクト機能などの調整ができるようになります。Windows XPの場合は、5.1chアナログ出力は可能ですがエフェクト機能は使用できません。
 なお、サウンドエフェクトを使用すると音質は格段に悪くなります。お遊び程度の機能ですね。(^ ^;;
 光出力はありませんので使用したい場合は、別途サウンドカードなどが必要です。

● 電源
 標準の電源は、幅と奥行きが ATX規格ですが、高さが異なりますので、他の筺体で流用することは難しいです。
一般のATX電源に交換する場合は、上側のネジ穴だけで固定することになります。特に Express5800/110Geなどの純正ミニタワーケースでは、排気ファンと干渉するので使用できません。
 PCI-Express用補助電源コネクタはありません。電源の容量は 400Wですので、高性能 CPUに加え別途給電が必要なグラフィックカードに、HDD 3台以上とフルに拡張しようとすると
供給力が足らなくなる可能性があります。故障の原因になるので注意が必要です。
 某クションで非純正の HDD増設用金具を販売していますが、こういった改造行為は保証外になりますのでご注意ください。メーカー非推奨の方法で HDDを余計に増設すると電源に負荷がかかって故障する可能性があります。

 ちなみに、Express5800/110Geなど筺体に付属している Lead Year Enterprise製 TG-6380 (380W) とは相性が良くないようです。Windows XP Pro SP3でスリープ入った後、復帰しようとするとすぐにスリープに戻ってしまい復帰できませんでした。(^ ^;;

 以上が Express5800/S70タイプ RB弄っていて気になった、気付いた点でした。

 Express5800/S70タイプ RBは NTT-Xで購入したものとマザーのみ入手したものが 2枚です。現状、メインマシンは、Express5800/110Geの筺体に Express5800/S70タイプ RBのマザーを入れたもので運用しています。お絵描きマシンは、Express5800/S70無印の筺体に RBのマザーを入れたものを使用中。
 結局、NTT-Xで最初に購入したマシンはどうなっているかというと押し入れで保管中となってます。(^ ^;;

- PR -

第三研究所の「所内売店」にて不要になったパソコン、PCパーツのフリーマーケットを随時開催しています。
手に入りにくくなったレアなパーツが見つかるかもしれません。
PC-98のバックアップ用電池 VL2320, VL2330の取り扱いを始めました。
PC-98の不良コンデンサ交換等の相談にも乗ります。

主に取り扱う品物は次の通りです。

■中古パソコン●NEC製 PC-98シリーズ (整備済み)●FC-98シリーズ●PC98-NXシリーズ
■中古サーバ●NEC製 Express5800シリーズ
■PCパーツ●CPU●メモリ●グラフィックカード●サウンドカード●インターフェースカード等
■周辺機器●HDD●FDD●CD-ROMドライブ等
■NEC製パソコン用保守部品●電源ユニット●各種ドライブ用ブラケット等

■一部の品物では、一週間の初期不良保証もあります。
■発送方法はヤマト、ゆうパック、ゆうメール等に対応。
■お支払方法は、銀行振込、代金引換に対応できます。

お取引方法等の詳細は HPでご確認ください。オークションとは違って全て早い者勝ちです。
ぜひ一度お越しください。お待ちしております。

- PR ここまで -

Intel SSD 320 Series(Postville-Refresh) 2.5inch MLC 9.5mm 80GB ResellerBOX SSDSA2CW080G3K5Intel SSD 320 Series(Postville-Refresh) 2.5inch MLC 9.5mm 80GB ResellerBOX SSDSA2CW080G3K5
(2011/04/12)
インテル

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : サーバ
ジャンル : コンピュータ

Express5800/S70無印のマザー交換 S70タイプ RB編

● はじまり

 前回は、Express5800/S70無印の筺体に Express5800/GT110bのマザー (Gigabyte GA-6FASV) を放り込んでみましたが、今回は、ある筋から Express5800/S70タイプ RBの新品マザー (MSI MS-9666) を入手しましたので、これと入れ替えてみることにしました。
 なぜ S70無印の筺体にこだわるのかというと、PCIバススロットを増設してパラレルポート I/Fカードを使いたいことと、純正防塵フィルターを所有しているからです。(ぉ

 S70無印と S70タイプ RBのは共に Express5800/53, 54シリーズワークステーションをサーバに転用したものです。主な違いは、筺体に関してはフロントマスクが異なり、マザーでは BIOSが若干異なります。他にもサポート体制なども異なりますが、それは置いといて。
 マザーボードは、S70無印は MSI製 MS-9657で 53Xe, 54Xfに相当、S70タイプ RBは MSI製 MS-9666で 53Xf, 54Xgに相当します。S70タイプ RBは、位置づけとしては Valuestar NXベースの S70タイプ FLの後継ですが、ハード的には S70無印を踏襲しており、FANコネクタ、電源SW, LED等の配置がほぼ同じになっていますので、GT110bよりは交換しやすいものと思われます。

 しかし、案の定、そうは問屋が卸さないのでした。(^ ^;;

● マザーの交換時の問題点

 S70無印から S70タイプ RBへマザーを交換した際の物理的な問題点

  ○ 筺体スピーカーのコネクタ形状が異なる (2pin → 4pin)
  ○ フロントの吸気ファンのコネクタが 1個しかない (もう 1個分の空きパターンはある)

 S70無印筺体内の S70タイプ RBのマザー
 参考 S70タイプ RBのマザー

この 2点だけなので、電源スイッチもろとも交換しなければならない GT110bよりは交換が容易です。
 今回は、スピーカーについては、ケーブルのコネクタからピンをばらしてマザーに繋ぎ、フロントの吸気ファンは、PWMファン用 2分岐ケーブルで 1ヶ所に 2個 (フロント吸気用、HDD冷却用) 繋ぎました。

● CPUと ECC対応メモリへの交換

 この時ついでに CPUと CPUクーラーを Xeon X3480 + Cooler Master HyperTX3に、メモリを Kingston KVR1333D3E9SK2/8Gと Sunmax SMD-8G68EHP-13H-Dで 16GBにしました。(爆)
S70タイプ RBは、公式には ECC非対応ですが、ECC対応メモリモジュールを使用でき、ECC対応メモリコントローラを内蔵した CPU であれば ECC機能が有効になります (Memtest86+ Ver.4.10にて確認)。
なお、GT110bでは ECC機能が使える Celeron G1101に交換した場合に S70タイプ RBでは 通常のメモリとしては使用できますが、ECC機能は使用できませんでした。

 ちなみに、Celeron G1101内蔵の intel HD Graphic機能は使用できます。能力的には Pentium G6950とそんなに変わらない印象です。レポートは次回にでも。

● リアファンで不具合

 まず電源を入れると、電源投入直後は、勢いよく回るリアファン 2個ですが POSTに入ると止まってしまいます。そのため POSTで FANの異常を検出し、ピープ音が鳴って起動を抑止してしまいます。BIOSで POSTエラーで「停止しない」に設定すれば起動できるようになりますが、万が一にも他のエラーがあった場合に起動してしまうので、危険です。
 今回は、CPUファンの回転数出力信号を分岐してリアファンのコネクタに繋ぎ、三列ある真ん中のコネクタに 2個のファンを分岐して繋ぐという方法で回避しました。(^ ^;;

● OSの起動

 OSは、前回 GT110bで使用していた Windows XP Pro SP3です。チップセットが i3420から i3450に変わるのと、LAN I/Fが変わるだけですので、ドライバの再インストールだけで済みました。途中、「PCIデータ取得およびシグナル処理コントローラ」が残りましたが、intelのチップセットドライバを入れ直すことで消えました。
 なお、うちの環境では、サウンド機能を無効にしたうえで、クリエイティブメディアの X-Fi Elite Proを使用していますので、オンボードのサウンドドライバは入れていません。
 また、Windows XPでは、パフォーマンスが落ちるので、Hyper Threading Technology (HTT) は無効にしています。

● Speed Fanでリアファンを制御

 OSが正常に使用できる状態になりましたが、リアファンだけが停止したままです。排気ファンが電源のファンのみとなるのでエアフロー的に良くないので、今回も「Speed Fan」の出番と相成りました。S70タイプ RBでもしばらくするとフリーズするのは変わりません。設定はなるべく手早くすませましょう。各種設定方法は、GT110bに交換した時の設定を参考にしてください。対象となるデバイスは、ADT7490です。

S70タイプ RBでは、
 PWM1 = CPUファン (約 1000rpm, 22%)
 PWM2 = フロントファン (約 1400rpm, 29%)
 PWM3 = リアファン (0rpm, 8%)
です。

デフォルトで、PWM3が 8%になっていたのでファンが回らなかったようです。
そこで、Speed Fanで PWM3をマニュアルコントロールに切り替えて 29%に設定するとフロントファンと同様に回転するようになりました。ただし、回転数の検出はできないらしく「0rpm」のままでした。
その後、いろいろ設定をいじっているうちに毎回起動時に PWM3が 100%で起動するようになってしまいました。(^ ^;;
毎回起動時に設定し直すのが面倒なので、ちょっとイレギュラーな方法で設定しました。

「設定」ボタンをクリック、「スピード」のタブで、「Speed 3」の最小値と最大値を 29に設定し、「スピードを自動で変化させる」にチェックを入れ「OK」をクリックして閉じ、
最後に「ファン速度自動化」にチェックを入れました。
これで、起動時に、一時的に全開になりますが、その後にリアファンを 29%で回転するように設定できるようになりました。この設定は、Speed Fan終了後も維持されます。
 前回同様に WSH (Windows Script Host) で OS起動時に Speed Fanを起動し 約 1分後に終了させるようにしています。

● まとめ

 さて、今回は、S70タイプ RBのマザーに入れ替えました。GT110bのマザーに比べコネクタ形状の違いや、起動後のファンの爆音が回避できるため有利です。また、HDDの後ろの空間にいくらか余裕があるので、ケーブルの取り回しも GT110bほど極端に窮屈にならず、エアフロー的にも好印象です。

 S70タイプ RBマザー配線後


 総合的に見ても S70無印の筺体に入れるのであれば S70タイプ RBのマザーの方が親和性が高いです。ただ、リアファンが回らずにエラーとなる点だけが実に残念。(^ ^;;

● おまけ

 あと、以前にちらっとテストした Ably-Tech GH-EB262-C7ですが、パラレル I/Fカード AREA SD-PCI9805-1Pで PSXPAD (DPPジョイスティック用ドライバ) が使えるかどうか試してみたところ問題無く使用できました。(^ ^)b

シー・エフ・デー販売 Elixir デスクトップ用メモリ DDR3 W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 CL9 4GB x 2枚セットシー・エフ・デー販売 Elixir デスクトップ用メモリ DDR3 W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 CL9 4GB x 2枚セット
()
シー・エフ・デー販売

商品詳細を見る

テーマ : サーバ
ジャンル : コンピュータ

Express5800/GT110b改の PCI増設

 先日、簡単な動作チェックを行った PCIバススロットを 2本に変換するライザーカード (Pericom製 PCI Express - PCI変換ブリッジを搭載) 「Ably-Tech GH-EB262-C7」を Express5800/S70無印の筺体を流用してミニタワー化した Express5800/GT110b改に組み込みました。今回のテーマは、Express5800/GT110b (GA-6FASV) で、GH-EB262-C7が使えるかどうかと、GH-EB262-C7のケーブルを延長して使えるかどうかの二点です

 取り付け位置は、筺体の底部分のブラケット 2つ分の位置です。ただし、そのままでは GH-EB262-C7のケーブルの向きがマザーボードと逆向きになる事と 7cmと短い点が第一の難関になります。
 そこで、今回は PCI Express x1バススロットを延長するケーブル aitendoCB-PCIEX1-150」を使用しました。ケーブル長は、15cmです。なお、他に、FDD用 4ピン電源コネクタに変換するケーブルが必要です。

●準備

 この延長ケーブルは、価格が安い点が魅力ですが、単純にフラットケーブルを使用したものなのでノイズに弱く、コネクタ部分とケーブル部分の接続部分もテープで保護しているだけですので、この部分を強く曲げると断線する可能性があり、取り扱いに注意が必要です。
 自分は、ノイズ対策 (本来は両端をグランドに落とす必要がある) のおまじないと狭い部分を這わせるためケーブルをアルミホイルで巻き、さらにその上からショートを防ぐためビニールテープを巻きました。

 GH-EB262-C7の方は、そのままではケースの金属部分や添付ケーブルシールド部分とショートする危険性があるので、ライザーカードの裏側にノート PCをばらした際にとっておいたプラスチックの薄いフィルム (A4クリアファイルを切ったものでも OK) を張り付け、さらにゴム足を付けました。

●取り付け

 加工済みの延長ケーブルを、PCI Express x2 (形状 x4) バススロットに取り付け、マザーの外周辺りを通して筺体底側に伸ばしました。この位置に FAN4コネクタがありますので、ショートしないように注意しましょう。
 GH-EB262-C7添付のケーブルを、一度カードの下側を通してマザーボード側に回し、引き出して来た PCI Expressスロットコネクタに接続、さらに、GH-EB262-C7に電源ケーブルを接続しました。

●仮組で動作チェック

 まずこの状態で、カードが認識されるかをチェックしました。前回 Express5800/S70タイプ RBの場合は、ケーブルを延長せず直接繋いだので動作に異常はありませんでしたが、今回は、延長しているのでチェックが必要でした。
 初めは、コネクタの接触不良などで、なかなかうまくいきませんでしたが、ケーブルを延長してもブリッジチップは、正常に認識されました。ちなみに、「HWiNFO32 ver. 3.62」では、PCI-X (66MHz) バスとして認識されます。(^ ^;;

●最終チェック

 次に、GH-EB262-C7上の PCIスロットに IEEE-1394 I/Fカード 玄人志向「1394V-LPPCI2」とパラレル I/Fボード「SD-PCI9805-1P」を取りつけました。GH-EB262-C7自体を直接固定せず、増設したカードのブラケットで固定する形です。こちらも、OS (Windows XP Pro SP3) 上で正常に認識されドライバも自動で入りました。

●最後に

 本来は、PCI Express x16スロットに増設した 2スロット占有グラフィックカードによって塞がれた 空きスロットが勿体なかったので、そこから信号を引きだすつもりだったのですが、GPUクーラーに押さえ付けられて接触不良が起こるためか安定動作しなかったので結局これを断念して、隣のスロットを利用することにしました。(^ ^;;
 ケーブル長自体は問題ないので GPUのクーラーを ZALMAN VF900-Cuに換えてリベンジしたいなぁ。

まだ、実際の増設したコネクタにケーブルを繋いで、データ転送試験をしていません (爆) が、とりあえず、Express5800/GT110bでも GH-EB262-C7を使って PCIバスの増設ができる事と、GH-EB262-C7のケーブルを延長しても使える事が分かりました。(^ ^)

Intel Boxed Core i7 i7-870 2.93GHz 8M LGA1156 BX80605I7870Intel Boxed Core i7 i7-870 2.93GHz 8M LGA1156 BX80605I7870
(2009/09/08)
インテル

商品詳細を見る

テーマ : コンピュータ
ジャンル : コンピュータ

Express5800/S70タイプ RBの PCI増設

 OLIOSPECに 発注した PCI Express x1バススロットを PCIバススロットを 2本に変換するライザーカード「Ably-Tech GH-EB262-C7」が到着したので、動作チェックがてら Express5800/S70タイプ RBで簡単にテストしました。結論から言うと使用できます。
 このマシンは、側面のカバーが開け易くてちょっと実験するのに便利です。(^ ^)b

 GH-EB262-C7

テスト環境
機材:Express5800/S70タイプ RB (グラフィックカード「RH4670-E512HWS」を増設した以外デフォルトのまま)
OS: Windows7 Ultimate x64

 PCI Express x1バススロット (スロット形状は x4) に「GH-EB262-C7」を装着し電源を入れたところ
BIOS起動、OS起動ともに問題無く、PCIブリッジチップのドライバがインストールされました。

 次に、IEEE-1394 I/Fカード「FIC Formosa IE400DVL」を「GH-EB262-C7」上のスロットに装着し、電源を入れたところこちらも何ら問題なく OS上で認識されドライバがインストールされました。
実際に機器を繋いでチェックしていませんが、問題無いものと思われます。

 というわけで、Express5800/S70タイプ RBでも固定方法さえクリアできれば「GH-EB262-C7」は使えるようです。
PT2を 2枚隠匿していますが、このマシンで使う予定が無いのでテストしてません。(^ ^;;
ブラケットを上下逆に取り付けるといいとか。OLIOSPECによると、PT2の 2枚挿し動作テストは成功しているそうです。

これで、GT110bの PCI増設に弾みが付くなぁ。

 ちなみに、玄人志向の PCI Express x1カードを PCIに挿すための変換ボード「PCIEX1-PCI」も勢いで入手しましたが、こちらは、マシンをいろいろ変えてテストしましたが OS起動直後にフリーズで使い物になりません。
初期不良率が非常に高いらしいので、販売店経由でメーカーに送ってチェックを依頼しました。(^ ^;;

PR

第三研究所の「所内売店」にて不要になったパソコン、PCパーツのフリーマーケットを随時開催しています。
手に入りにくくなったレアなパーツが見つかるかもしれません。
主に取り扱う品物は次の通りです。

■中古パソコン●NEC製 PC-98シリーズ (整備済み)●FC-98シリーズ●PC98-NXシリーズ
■中古サーバ●NEC製 Express5800シリーズ
■PCパーツ●CPU●メモリ●グラフィックカード●サウンドカード●インターフェースカード等
■周辺機器●HDD●FDD●CD-ROMドライブ等
■NEC製パソコン用保守部品●電源ユニット●各種ドライブ用ブラケット等

■一部の品物では、一週間の初期不良保証もあります。
■発送方法はヤマト、ゆうパック、ゆうメール等に対応。
■お支払方法は、銀行振込、代金引換に対応できます。

お取引方法等の詳細は HPでご確認ください。オークションとは違って全て早い者勝ちです。
ぜひ一度お越しください。お待ちしております。

テーマ : サーバ
ジャンル : コンピュータ

Express5800/GT110b のマザーを S70の筺体へ

 GT110bの最大の難点は、筺体が小さくなったため長尺のグラフィックカードが増設できないことでしょう。
Express5800/GT110bを暫定運用していましたが、デスクトップ PCとしても運用できそうなので、Express5800/S70の筺体に入れることにしました。(核爆)
 余ったS70のマザーは、保守部品として保管する方向で。(^ ^;;

●マザーボードの交換

 GT110b (Gigabyte GA6-FASV)、S70 (MSI MS-9657) どちらのマザーボードも Micro ATXなので入れ替え自体は、何ら問題ありません。
 ただし、GT110bからマザーボードを取り出すには、HDD籠と排気ファンを外す必要があります。なお、どちらのマザーボードも CPUクーラーについては特に外す必要はありません。

 ここで、問題になるのが、電源スイッチと電源、HDDアクセスの LEDです。GT110bと S70では、これらを接続するコネクタの形状と長さが異なります。両者のマザーボード上の端子の位置が違うのでコネクタを変換しても、長さが足りません。これを回避するには、GT110bの筺体から電源スイッチとインジケータの LEDを外して S70の筺体の物と交換します。
 GT110bのケーブルは、なぜか必要以上に長いので流用可能です。外すときの注意点は、LED固定用の爪が折れやすい点です。(^ ^)b

 S70筺体の電源ケーブルとフロント部の USB端子は、そのまま流用できますが、HDD籠のすぐ後ろに電源ケーブルを繋ぐことになるので、CPUクーラと挟まれこの辺りがかなり窮屈になります。よって、HDDに接続する SATAケーブルは、GT110b付属の L字型ケーブルを流用することになります。

●筺体ファンの接続

 最後に筺体ファンですが、S70の筺体ファンは、前面吸気用、HDD冷却用、背面排気用 x2の 4個あって何処に繋ぐかが悩みどころです。(^ ^;;
 結論から言うと、GT110bマザーボード上の排気用ファンコネクタ (シルク表示 FAN2) と吸気用ファンコネクタ (FAN4) にケーブルを分岐して 2個ずつ繋ぐのがベストでしょう。

 使用するケーブルは、Ainexの WA-095等の PWMコントロールの信号線も分岐されているケーブルです。
GT110bでは、ファンの回転を PWMでコントロールします。電圧ではありませんので、この線がファンに繋がっていないと全開で回ります。
 ファンをコントロールする場合、「Speedfan」が使用可能ですが、FAN3, FAN5のコネクタに接続したファンはコントロールできません

●長尺のグラフィックカードを取り付ける

 筺体を入れ替えることで、PCI Express x16スロットに長尺のグラフィックカードを取り付けることができます。
ただし、スロットのコネクタ部分にカードエッジをロックするストッパーが無いのでカードの固定について要注意です。S70の筺体は、カードをネジではなく金具で押さえて固定する方式なので、筺体を動かすと外れる可能性があります。
 また、マザーボード上の SATAコネクタが、カードの後ろと重なるので、グラフィックカードによっては、SATAケーブルの接続に工夫が必要になります。

 S70の筺体 with GT110bのマザー
 ↑マザーボード入れ替え完了後 (HDDと CPUクーラーの間が窮屈)

 マザーボードを入れ替え、マシンを稼働させると…。
ファンの騒音に悩まされることになります。(^ ^;;

●Windows XP Pro SP3のインストール

 S70につないであった Windows XP Pro SP3インストール済み HDDを新しい HDDにコピー (コピー元はバックアップとして保管) しそのまま繋ぎ換えて電源を入れると Windows XPが起ちあがります。今回はマザーボードを入れ替えているので、ライセンスの再認証が必要になります。再認証を促するメッセージが出ますが、まずは、システムが正常に起動することを確認すること最優先し、問題無くなった時点で再認証しましょう。
 初めに再認証してしまうと、システムが正常に起動できなかった場合、再インストールした時に面倒なことになります。

●Windows XP Pro SP3運用上のポイント

 Windows XP Pro SP3をインストールした場合、チップセット (i3420) と、内蔵グラフィック (Volari z9s)、LAN (i82574L) のドライバは、別途用意する必要があります。Volari z9sのドライバは、XGiが SiSに統合されてサイトが無くなってます。Gigabyteの GA6-FASV1および GA6-FASV2の製品情報からダウンロードして流用できます。
 Windows XPで運用する場合は、Hyper Threading Technologyは、BIOSで「無効」にした方がパフォーマンスが向上します
 また、「HWinfo32」等のソフトで CPUの動作クロックが常に 3.46GHzになっているときは、コントロールパネルの「電源オプション」を確認してください。
「電源設定」タブの「電源設定」を「最小の電源管理」にすると負荷が少ないときにクロックが下がります。

 ちなみに、Windows XPでは増設したグラフィックカードと内蔵グラフィック機能が両立し、デュアルモニタで運用できます。(^ ^)b

●「Speedfan」でファンをコントロール

 ファンの回転速度については、「HWinfo32」等のソフトで確認すると、
CPUファン 約 1,400rpm (CoolerMaster Hyper TX3)
背面ファン 約 250rpm
前面ファン 約 2,800rpm
となっていました。
 この状態では、ファンの騒音もそうですが吸気が強く、排気が弱い状態なのでエアフローに若干問題があります。S70の場合は、前面、背面ファン共に通常は約 1,400rpmです。

 先述の通りGT110b (GA6-FASV) Windows系OSでは、「Speedfan」で ADT7490で制御しているファンをコントロールできます。
「Speedfan」の表示では FAN1: CPU、FAN2: 背面、FAN3: 前面、です。

「Speedfan」設定の方法は次の通り。GT110bでは、後述の不具合があるので極力手早く設定しましょう。(^ ^)b

●日本語表示に換える

「Readings」タブの「Configure」ボタンを押す。
「Option」タブをクリック、「Language」のリストから「Japanese」を選択し、「OK」ボタンをクリック。

●ファンコントロールの設定

「システムモニター」タブの「設定」ボタンを押す。
「温度」タブをクリック、「チップ」のリストから「ADT7940 at $2E on Intel SMBus」を選択する。
「Property」欄の「PWM1 mode」CPUファン、「PWM2 mode」背面ファン、「PWM3 mode」前面ファンに対応しています。
ここで変更したいのは、背面ファンと前面ファンなので、
「PWM2 mode」をクリック。「設定値」リストから「Manually contoroled」を選択し、隣の「記憶する」チェックボックスにチェックを入れる。
「PWM3 mode」も同様に設定後、「はい」ボタンを押して反映させます。
するとファンの回転を「システムモニター」タブの「Speed05」、「Speed06」で設定できるようになります。

 GT110bで Speedfan設定画面の例

 当方のマシンでは、設定後のデフォルト値は、37%、37%、41%でした。なお、この設定値は、記憶されません。OSを再起動するたび、デフォルト値に戻ります。スリープや休止をした場合どうなるかわかりませんが、このマシンではもともと使わない方が無難です。

 結果として、ファンの回転速度は、
CPUファン 約 1,400rpm (CoolerMaster Hyper TX3)
背面ファン 約 1,800rpm
前面ファン 約 1,850rpm
となり、だいぶ静かになりました。(^-^)

●GT110b + Windows XPでは不具合発生

 ところが、GT110bでは、このソフトを立ち上げたまま (最小化しても同様) 5分程度経過すると「Speedfan」がフリーズし OSの動作が不安定になり、電源ボタンでシャットダウンすることになります。(^ ^;; ですが、一度起動して設定してしまえば、ソフトを終了しても回転数は維持されます。
 自分は、WSHでスクリプトを作り、OS起動時に「Speedfan」を起動させ、「Speedfan」での設定が終わるタイミング (ソフト起動から約 1分後) に終了させるようにしています。今のところ、十数回程度再起動を繰り返していますが、不具合はないようです。

●最後に

 というわけで、やはり一筋縄ではいきませんでした。(^ ^;;
交換自体はできたのでしばらくこれで運用するつもりです。
 素直に、ファンコントローラを使えば良いのですが、5インチベイが空いてないのと、調整つまみが出っ張っていて蓋が閉まらなくなる、そこそこ値が張るという点で見送りました。でなければ、12V電源を別にとって CPUファンのコネクタから PWMコントロール線を 5分岐して、マザーボードに回転センサの線だけ繋ぐことにするかでしょうか。ケーブルを作るのが面倒だな。(^ ^;;

 GT110bのマザーボードを大きな筺体に入れ替えるには、GT110aや、110Geの筺体の方がむしろ向いているかもしれません。S70の筺体に合うのは、S70タイプ RBのマザーボードでしょうか。ただ、どちらもファンコントロールが別に必要になると思います。

 今度は、Express5800/GT110bの PCIバススロット増設実験をしてみますよ。えぇ。(^ ^;;

Crucial RealSSD C300 シリーズ 64GB (SATA-3規格準拠 6Gbps対応 RoHS指令対応 34nmプロセスNANDフラッシュ搭載 2.5インチSSD) CTFDDAC064MAG-1G1Crucial RealSSD C300 シリーズ 64GB (SATA-3規格準拠 6Gbps対応 RoHS指令対応 34nmプロセスNANDフラッシュ搭載 2.5インチSSD) CTFDDAC064MAG-1G1
(2010/06/22)
Crucial Technology

商品詳細を見る

テーマ : サーバ
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

TRISS

Author:TRISS
細々と CG、イラストを描いています。NEC製パソコン PC-98、PC98-NXに特化したパワーアップのノウハウと自作イラストの公開がメインのサイト「第三研究所」の管理人です。サイトでは PCパーツのフリーマーケットと修理・保守サービスもやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

PC-98 FDエミュレータ イラスト Express5800 CG Windows7 HxC Wi-Fi HTML S70 デジカメ ドラクエ9 体操服 落書き DMC-FX07 CloudFlash GOTEK FDD 液晶タブレット CSS PTB-TMW19B MI68 緑風荘 ザシキワラシ 任天堂 Zeit Vista Connector DELETER USB 第三研究所 CGiLLUST 3D酔い 運動会 タクシー プラモデル ミニカー 東京無線 水平同期 24.8kHz KIDインターネットパック セキセイインコ HYPER PC-9821Nr13 PC-486SE 4.5 PC-9821Ap2 セキュリティ PC-9821Nw150 PC-9821Nr300 Java SDカード SSD CLF-WF01 PC-LV16C ノートパソコン 98NOTE PC-9821Nr Gotek イベント 液晶パネル 改造 WindowsVista MY26L/E-7 ブルマ 少女 幽霊 ハイレゾモード PC-88 エラー W241DG  天体写真 神社 MateNX 東京 旅行 満月 パワースポット 女子 

検索フォーム
Amazon
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。