NEC Mate NX PC-MY26L/E-7の SSD化

● はじめに
 メール受信専用に使っていた PC-MY30A/E-5の HDDの動作が怪しいので、新しい HDDに交換しようと思いネットで適当なドライブを探してみたところ容量が少なめで安いドライブが無い。
 さらに調べてみると 40GBクラスの SSDが安いらしい。もっとも、安いモデルは書き込み速度が遅い物が殆どな訳ですが、予算優先で速度は二の次と言うことで「coneco.net」で一番安かった 32GBの SSDである Silicon Powerの「SP032GBSS2T10S25」を Sofmapで購入。

今回の SSD

 PC-MY30A/E-5に搭載しようと思ったのですが、良い機会なのでマシンを入れ替え Core2 Duo E8600 (3.33GHz) に換装した PC-MY26L/E-7に導入してみました。メモリは 4GBです。

● NEC Mate NX PC-MY26L/E-7

NEC Mate NX PC-MY26L/E-7

 PC-MY26L/E-7は、NECのビジネス向けパソコン Mate NXシリーズの省スペースデスクトップモデル、タイプMEです。小型ですので設置スペースが少なくて済みます。騒音も静かな方です。
 チップセットは Intel Q45 Express + ICH10DO、CPUは第二世代の Pentium Dual-Core E5300 2.6GHz、メモリは DDR3 SDRAMです。
 PC-MY26L/E-7の仕様等の詳細についてはこちらの記事をどうぞ。第三研究所 PC-MY26L/E-7ネタ

● 3.5インチ-2.5インチ変換金具
 PC-MY26L/E-7の HDD取り付け金具は 3.5インチサイズ、購入した SSDは 2.5インチサイズなので 3.5インチへ変換する金具を用意しました。
 使用したものは、数年前に秋葉原の故 T・ZONEで購入した Japan Valueの「PH-35ZM25W」です。この金具は 3.5インチサイズに変換するだけでなく 2.5インチ HDDや SSDを二台取り付けられるものです。

SSDに変換金具を取り付け

● SSDの取り付け
 取り付けですが、SSDを 3.5インチ変換金具を介して PC-MY26L/E-7の HDD取り付け金具に取り付けます。
 難しい事は何もありませんが、注意すべき事は取りつけネジでしょうか。元の HDDはインチネジ、PH-35ZM25Wはミリネジです。見分け方はネジの山のピッチが狭い方がミリネジ、広い方がインチネジです。
 あと、Mate NXシリーズの省スペースデスクトップモデル、タイプMEでは HDDケースにノイズ対策の銅板 (次の写真参照) が付いている物は必ず下側のスロットに取り付けます。これを上に取り付けるとこの爪が折れてしまいます。

パソコンの HDD金具への取り付け

 SSDを HDD取り付け金具に固定したら PC-MY26L/E-7に取り付け、SATAケーブルと電源ケーブルを接続しました。

本体への取り付け


● Windows Vista Buisinessのインストール
 電源を入れ、「f・2」キーを押してセットアップ画面 (BIOS) を表示し SSDが認識されている事を確認、併せて SATAの動作モードが「AHCI」である事を確認しました。
 ちなみに、PC-MY30A/E-5は「IDE」モード固定、PC-MY26L/E-7はデフォルトで「AHCI」モードになっています。
 OSは本体付属の再セットアップ DVD-ROMでインストールしました。OSは Windows Vista Buisiness SP1 (32bit)です。

● カスタム再セットアップ
 Windows XPであれば 32GBの HDDでもそれほど問題無いのですが、Vistaとなるとかなり厳しい物が有ります。以前使用していた PC-MY30A/E-5では、Vista Buisinessに Officeをインストールして 29GB程度でした。(^ ^;;
 そこで、マニュアル/アプリケーション CD-ROMから起動し、再セットアップ開始時に「カスタム」を選択。パーティションを区切らず Cドライブ一括で確保するようにしました。
 この場合は、DtoDの「再セットアップ領域」は作られませんが、再セットアップ用 DVD-ROMがあるので問題はありません。

 再セットアップを開始してから約 2時間後、SSDへの再セットアップは無事終了。その後、SP2をインストールし、ネットに接続して Windows Update経由でパッチを延々当てる訳ですが、
トータルで掛かった時間は「HDDの時も若干速いかな」ぐらいで HDDとそれほど変わりませんでした。

● SSDの容量削減
 一通りセットアップが終わった時点で、Gavotte Ramdiskで約 700MBの RAMディスクを作成し、Excelのファイルを開きたいので Vewerをインストールして SSDの使用容量は 28GB、残りは 4GB程度でした。

 ここで、以下のファイルを削除して容量を稼ぎます。

○Windows Updateでダウンロードしたファイル
 Windows Updateでダウンロードしたパッチは後で問題が有ったときに戻せるように保存されていますが、余程の事が無い限り戻す事は無いので、動作に異常が無ければ削除しても問題有りません。セットアップ完了時点で 4GB有りました。手動で削除しますが、今回は面倒なので Kingsoftの System Defenderを使いました。(^ ^;;

○Windowsのページング ファイルの容量を 512MBにして RAMディスクへ移動
 「コントロールパネル」から「システム」をクリックし、「システムの詳細設定」から「パフォーマンス」の「設定」をクリック。
 「詳細設定」タブから「仮想メモリ」の「変更」をクリックし、Cドライブをクリックしてから「ページングファイルなし」を選んで「設定」をクリック。
 次に作成した RAMディスクをクリックして「カスタムサイズ」を選びサイズを初期 256MB、最大 512MBにして「設定」をクリック。
 最後に「OK」をクリックして再起動します。これで、SSDから「pagefile.sys」が消えます。
○Internet Exprolerの一時ファイルを 50MBに設定して RAMディスクへ移動
 IEの場合は、「インターネットオプション」から「閲覧の履歴」欄の「設定」をクリック。
 「インターネット一時ファイル」タブの「使用するディスク領域」を「50MB」に設定。
 「フォルダーの移動」をクリックして保存先を RAMディスクに変更し「OK」をクリックします。
 これで、IEの一時ファイルは電源を切るたびに綺麗さっぱり消えるようになります。なお、履歴やクッキーは他のところに保存されているので消えません。
○ハイバネーションを停止
 スリープは、メモリに通電させて内容を保持しますが、ハイバネーションは、同時にメモリの内容を全て HDD/ SSDに保存します。
 万が一電源が切れても保存したデータから復帰出来るのですが、バッテリ駆動で不意に電源が落ちるようなノートパソコンでは有用なもののデスクトップではあまり意味が有りません。また、必ずしも正常に復帰できるとも限りません。
 ハイバネーションが有効になっていると、メモリ容量によりますが、メモリ 4GB (実質 3.25GB) の場合は 3.5GB程度の容量を「hiberfil.sys」で食いますので、これを無効にするとSSDの容量を節約できます。
 ちなみに、ハイバネーションを無効にしてもスリープ中に電源が切れるような事が無ければ何ら問題ありません
 無効にする方法は、「スタート」の「アクセサリ」から「コマンドプロンプト」を選んで右クリック「管理者として実行」をクリックして起動します。
 「powercfg.exe /hibernate off」と入力し「Enter」を押せば OKです。
 もし、再び有効にしたい場合は、「powercfg.exe /hibernate on」で戻せます。ただし戻す際は、SSDの残り容量にご注意ください。
 現在有効か無効か確認する場合は、「powercfg.exe /a」でステータスが確認できます。

 これで SSDの使用容量は 22GB、残り 10GBになりました。

● ベンチマーク
 ちなみにこのマシン
  CPU: Intel Core2 Duo E8600 3.33GHz
  メモリ: PC-8500 DDR3 SDRAM 4GB
  グラフィック: Nvidia Quadro NVS290 (NEC N8005-FS17)
 での Windowsエクスペリエンスインデックス (Vista) は次のようになりました。

Windowsエクスペリエンスインデックス

 SP032GBSS2T10S25の CrystalDiskMarkベンチマークはこちら

CrystalDiskMark

 HDDに比べ読み込みは圧倒的な速さですが、やはり、書き込みの速度は他の SSDと比較して書き込みが遅いです。(´・ω・`)
 実際 OSの起動に関してそれほど速くなったと云う印象は受けません。
 この SSDには速さは期待してはいけませんが、容量をそれほど必要としない環境でとにかく安く (故障などで) 新しいドライブに交換したいという向きには良いですね。(^ ^)

シリコンパワー 2.5インチSolid State Disk 高速転送 SATA(SATAI/II)準拠 32GB MLCチップ採用 SP032GBSSDE20S25シリコンパワー 2.5インチSolid State Disk 高速転送 SATA(SATAI/II)準拠 32GB MLCチップ採用 SP032GBSSDE20S25
(2010/12/07)
シリコンパワー

商品詳細を見る

インテル SSD DC S3500 Series (Wolfsville) 160GB BLK SSDSC2BB160G401インテル SSD DC S3500 Series (Wolfsville) 160GB BLK SSDSC2BB160G401
(2013/05/16)
インテル

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

TRISS

Author:TRISS
細々と CG、イラストを描いています。NEC製パソコン PC-98、PC98-NXに特化したパワーアップのノウハウと自作イラストの公開がメインのサイト「第三研究所」の管理人です。サイトでは PCパーツのフリーマーケットと修理・保守サービスもやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

PC-98 FDエミュレータ HxC イラスト CG Express5800 Wi-Fi S70 FDD GOTEK 98NOTE MI68 HTML Windows7 DMC-FX07 デジカメ 体操服 落書き ドラクエ9 CloudFlash PTB-TMW19B 液晶タブレット イベント CSS タクシー ザシキワラシ Zeit 緑風荘 USB 第三研究所 Connector DELETER 任天堂 4.5 3D酔い プラモデル Vista 東京無線 ミニカー 水平同期 24.8kHz KIDインターネットパック CGiLLUST HYPER PC-9821Nr13 PC-486SE セキセイインコ PC-9821Ap2 Java セキュリティ PC-9821Nw150 SDカード CLF-WF01 WindowsVista SSD PC-9821Nr300 PC-LV16C PC-9821Nr PC-88 Gotek 改造 ノートパソコン 液晶パネル MY26L/E-7 MateNX ハイレゾモード ブルマ 少女 カタログ変換アダプタ W241DG 女子 エラー 幽霊  東京 神社 旅行 パワースポット 天体写真 満月 運動会 

検索フォーム
Amazon
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード