スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウリッツハイス美術館展へ Go!

 先日、母と上野の東京都美術館「マウリッツハイス美術館展 オランダ・フランドル絵画の至宝」へ行って参りました。

 平日ですがお盆休みという事もあり、結構な人出でした。チケットの購入自体は待ちませんが、混雑の状況よって入場制限が行われます。この日は入場までに 30分程度待ちました。一応、待ち時間 40分程度までなら屋内で待つ事が出来るようです。館内でも案内がありますが、冷水器があるのでお年寄りは特に水分を取っておいた方が良いです。BS日テレ「ぶらぶら美術館」等で取り上げられているのでその影響も有るでしょう。

 例によって、事前に荷物はロッカーに放りこんで置きます。ただし、貴重品は必ず持っておきましょう。
マウリッツハイス美術館展のミュージアムショップで買い物ができません。

 入口では、音声ガイドの他、子供向けに夏休みの宿題支援という事でお絵描きボードの貸し出しが行われています。展示室は、ジャンルごとに、美術館の歴史、風景画、歴史が、肖像画、静物画、風俗画の六つのパートに分かれています。フロアは 3フロアあり、エスカレータが登りのみとなっているので、基本的にはフロアが変わると前のフロアには戻れないと思った方が良いです。
 照明はやや暗めなので印刷資料や、テレビで見るよりも作品全体として淡い色調に見えます。ただ、作品の表面に光が反射して見にくくなる事は有りません。場内の雰囲気は人が多すぎですが、休憩用の椅子があるところは別として、全体的に静かに観賞できました。
 見終わる時間は、見たいものだけ見れば 30分から 1時間。一から列に並んで全て見ると 1時間半以上はかかると思います。

 例によって展示室入口から列が出来ていますが、列に並ばずフロアを見回してみたいものだけ見ていきます。入口では、マウリッツの胸像が出迎えてくれます。肩口が象になっているのが面白いですね。1~ 2m程度距離を取って絵を見たいところですが、列があるので頭越しになりますがやむを得ないでしょう。
 自分は、今回は風景画がメインです。テレビで見たとき、ヤン・ファン・ホーイエン作の「ホーホエルテン近郊のライン川の眺望」が雲の感じがなかなか良かったのですが、実物はそうでも無かったなぁ。
 ヤーコブ・ファン・ライスダール作「漂泊場のあるハーレムの情景」は雲のリアルさ、地上の光と影のコントラストの差が絶妙で良かったです。小さい飛ぶ鳥も描いて有ります。自分も空を描くとついつい鳥を描きたくなるもんですが、下手な人間が描くと浮いてしまって変な絵になりますが、そうならない処が流石ですなぁ。(^ ^;;
 風景画は 8点ですが、どれもメリハリが有って良かったです。気に入りました。しかし、一体どうすればああいう風に描けるんだ。遠景だからと言ってぼかして描くとボケすぎるし、はっきり描くと浮くし…。

 歴史画ですが、アタシは歴史画はあまり好きじゃないんだな。宗教画とかを見ても信者でもないし歴史背景が分からないからいまいち好きになれない。
 さてそれは置いといて、入って二点目にベーテル・パウル・ルーベンス作「聖母被昇天 (下絵)」があります。ルーベンスと言えば、フランダースのアレですね。(^ ^)b
こちらは下絵ですが、下絵だけに本人が全て描いた物となっています。商業誌の漫画もそうですが、大作になると作家一人では描ききれません。弟子 (アシスタント) が手伝うので、作品としては作家の物ですが、厳密にいえば完全に自筆で描いたと云うものではありません。
 一方、本番用の下絵は作家自身が自筆で描いたものとなります。なので、必見の価値あり。(^ ^)b BS日テレの受け売りですが。
 ここからフロアが変わるので、気に入った絵を良く見ておきましょう。アタシは、風景画とその他を何度も往復しましたよ。

 エスカレータで登って 1Fへ、いよいよ、今回の目玉ヨハネス・フェルメール作の「真珠の耳飾りの少女」とご対面となる訳ですが、ここで注意が有ります。絵を近く (恐らく 1m以内) で見る場合は、入って左の列に並ぶ必要があります。右に進めば並ばずに見る事が出来ますが、頭越しに見る事になります。並んで近くで見る場合では、混雑時は立ち止まってじっくり見る事はできません。大体見る時間は数秒という感じです。
 自分は、並ばずに頭越しに見ました。この絵は小さい絵ですが、見られないほどではありません。むしろ距離的にはちょうど良く感じました。じっくり見たい場合は、並ばずに見ても良いと思います。なので、初めに右へ進んでじっくり見て、物足りないようであれば入口に戻って並ぶと良いでしょう。(^ ~)b

 次は、2Fです。静物画では、グラスの透明感、金属の光沢を見るのが好きですが、ひときわ異彩を放つのがピーテル・クラースゾーン作「ヴァニタスの静物」でしょう。髑髏です。後は、カレル・ファブリティウス作の「ごしきひわ」の小鳥も気になりました。鳥好きですから。写真で見ると赤い色が良く分かるのですが、実物だと照明のせいか若干くすんで見えました。
 静物画は、やや退屈な印象を受けるもの (※個人の感想です) ですが、全 7点ある静物画の作品は、バランスが良いですね。
 ラストは、風俗画。自分としてはあまり興味のない分野でしたが、ニコラース・マース作「レースを編む老女」がいいですね。背景の暗さに対し老女が明るくコントラストの対比がたまりません。午後のまったりした時間の流れを感じさせます。せかせかする現代社会で暮らしている見としてはこの様な絵を見ると解放され癒しを感じます。
 最後に気になったのがは、ピーテル・デ・ホーホ作「デルフトの中庭」これねぇ。なんだか惹かれるんですね。人物の配置が絶妙なのかなぁ。自分としてはヒットです。左端の墨つぼを持った女の子がいい味出してるんですね。可愛いかどうかは別にして。どう良いかというと説明が難しいのですが、彼女がそこに居ないと何かつまらない絵になってしまう気がする。構図の妙というのかなぁ。いろいろと考えさせる絵という事で面白いです。今回はこの絵をお買い上げかなぁ。(^ ^;;

 今回のマウリッツハイス美術館展は、作品点数は48点と少なめですが、良い作品をうまくまとめた非常に濃い内容となっています。自分としては、4, 5点気に入った作品に出合えたので満足いく物でした。

フェルメール 光と影の天才画家ヨハネス・フェルメールの世界 (e-MOOK 宝島社ブランドムック)フェルメール 光と影の天才画家ヨハネス・フェルメールの世界 (e-MOOK 宝島社ブランドムック)
(2012/06/29)
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

遠征、大エルミタージュ美術館展

 GWと言う事で母と東京の国立新美術館の大エルミタージュ美術館展へ行きました。午後からひどい雨が降ったあの日です。

 東横線で行くのであれば、中目黒で日比谷線を経由して「六本木」に行くよりも、渋谷まで出て銀座線で「表参道」、千代田線に乗り換え「乃木坂」に出る方が乗り換えがありますが断然近いです。雨に降られても濡れません。(^ ~)b

 平日かつ天気が悪い日でしたがそれでも入場者は多かったです。到着した時点で11時40分だったので混雑を予想して先に地下1階のカフェにて食事。クリームパスタと結構なボリュームのサラダとアイスティー、そして葉巻じゃなくてそんな形のお菓子を頂きました。大変美味しゅうございました。
 ちなみに、おにぎりやお弁当も有りますが、早めに行かないと売り切れるので、安くあげたい方はご注意を。

 大エルミタージュ美術館展、展示は16世紀から 20世紀と世紀ごとに分類して展示されています。最初は 16世紀で宗教画がメインと言う感じです。自分は宗教画は良く分からないのでざっと見るだけ。母は天使の絵とかにいたく感動したようです。
 自分は、18世紀のクロード=ジョゼフ・ヴェルネの「パレルモ港の入り口、月夜」が気にいりました。月夜の淡い光がなんか妙に臨場感があって良かったなぁ。何度も戻って見に行きました。買って帰ろうかと思った。マジで。(^ ^;;
 もうひとつ、同じ18世紀のピエール=ナルシス・ゲラン「モルフェウスとイリス」です。これは縦長の巨大な絵ですが、人物の肌の描き方が凄すぎる。透明感と言うか何と言うか質感が異常。まるでフィギュアを置いて写真を撮った見たいに見えます。
 あとは、20世紀のアンリ・マティス「赤い部屋(赤のハーモニー)」ですね。前日に日テレの変な時間に放送していた美術の番組で扱っていたので印象に残りました。この絵元々は緑だったんですね。縁の部分に緑色が残っていてそれが名残だとか。じっくり見てきました。(^ ~)

 展示の内容としては人物画がやや多い印象です。宗教画と合わせて興味のある方にはお勧めです。自分としては風景画を期待していましたがそういった向きからするとやや期待外れの感は否めません。

 観賞時に気付いた点としては、絵画を照らすスポットライトの位置の関係で作品に近づきすぎると絵の具の凹凸に光が反射してしまいやや見づらくなります。混雑時にはそうも言っていられませんが、私的には作品から1.5mから 2m程度離れて見るといい感じです。(^ ^)b

 なお、販売しているカタログは当然ながら現物と色合いが若干異なります。γ値が低めで色が濃い感じ。「パレルモ港の入り口、月夜」の月の色が黄色になってました。(^ ^;;

 今回は久々に買って帰ろうかと思うような絵に出会えたのは良かったです。こういった予想外の出会いがいいですね。これだけでも十分満足できるものでした。

戦姫絶唱シンフォギア ねんどろいど 立花響 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)戦姫絶唱シンフォギア ねんどろいど 立花響 (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)
(2012/09/30)
グッドスマイルカンパニー

商品詳細を見る

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

「レンブラント 光の探求/闇の誘惑」の感想

去る大型連休に、国立西洋美術館に行きました。
「レンブラント 光の探求/闇の誘惑 公式サイト」です。
自分としては、あまり興味はなかったのですが母が見たいということで付いて行きました。
もっぱら午後の部の動物園が目当て。(^ ^;;

連休だっただけに混雑は半端じゃないです。
上野駅から出られません。
まあ、そんな時はあわてず騒がず入谷改札から出ましょう。(^ ^)b
出たところで巨大なパンダ像が出迎えてくれました。

さて、レンブラント展ですが、私的にはそんなに興味無かったんですが、それでも楽しめました。

並んで入場券を買い、荷物をロッカー (100円硬貨が必要ですが無料) に放りこんで、階段を下り入り口へ。
ちなみに、入口では、辰巳琢朗さんによるの音声ガイドの装置を 500円で借りることができます。
内部は 4部構成、今回の展覧会では、絵画が少なく版画がメインという印象です。

大体どこも展覧会というとそうなんですが、
前半部分はじっくり見ようと気合が入っている方々が多いので大変混みあっています。(^ ^;;
自分の場合は、ざっと見た中で気になった作品だけをじっくり見る派なので、
前半は遠巻きに見るぐらいでした。興味があったとしても全部見ていたら疲れますので。
しばらく進むと人物画があります。モノクロの版画が続くなかでカラーの絵画は一際目を引きます。
影の付け方や、服のしわの表現を参考にと思って観賞しました。

後半になると、皆さん集中力が切れてくるので、だいぶ人がまばらになって見やすくなります。(ぉぃ
漫画を描いてみようかなという自分に大変興味深かったのは後半部分でした。
漫画も版画も線のみで場面を表現するのは同じです。
漫画の表現というと自分としては戦後に発展したイメージがあったのですが、
この版画を観て、手法は違えど 17世紀の頃から漫画と同じ表現の仕方があった事に気がついて
新鮮な驚きを覚えました。
そこに気づいてからは、建物や風景、人物の表現、線の入れ方をしっかり目に焼き付けてきました。
行程は、1時間半といったところでしょうか。

というわけで、漫画をこれから描いてみたいという人は、見て損はないと思います。(^ ^)b
ただ、版画がメインですので母もそうだったのですが、絵画目当てだと物足りない印象を受けるかもしれません。

その後は、精養軒のレストランで早めの昼食。
午後は上野動物園で自分は動画を撮りまくり、
閉園 30分前ながら牡丹園 に寄って母は写真を撮りまくって、帰宅と相成りました。

もっと知りたいレンブラント―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)もっと知りたいレンブラント―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)
(2011/03)
幸福 輝

商品詳細を見る

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

日展へ GO

先日、母の誘いで第 42回日展 (日本美術展覧会) を観に行きました。
おととしの第 40回と、子供のころとで 3回目になります。
今回は背景描く時の参考になるかなぁと。(^ ^;;
今年は、12/5までは、国立新美術館で開催、以降は順次全国を回ります。
国立新美術館へは、千代田線乃木坂駅が便利です。6番出口から直通です。

一般参加の展覧会としては大規模なものです。
厳しい審査を勝ち抜いた作品が一堂に会します。
それぞれのカテゴリについて、ある種の傾向はありますが、
通常の美術展と違い、作品点数が多く、作者や題材がそれぞれ異なりますのでバラエティ豊かという印象です。
たまに、有名芸能人の作品もあったりします。

ちなみに、平日であれば、受付で登録することで一般の方でも写真撮影が許可されます。
ただし、フラッシュは厳禁、登録しても携帯電話での撮影は NGです。
また、土曜、日曜、祝日は写真撮影自体が NGとなりますのでご注意を。

展示内容は、日本画、洋画、工芸、彫刻、書、と大きく 5つに分かれます。

日本画は、主に岩絵具で描かれたものです。
岩絵の具というのは、自然の石や鉱石を粉にしたものが原料で、ニカワと混ぜて使います。
作品の題材が日本や和風という意味ではありません。あくまで材料と技法という意味です。
作風は、全体的に色調が淡く輪郭がぼやけるという印象で、ふわっとした感じ。水彩っぽいかなぁ。
ですので西洋画を見慣れているとやや物足りない印象を受けます。(滝汗)

洋画は、主に油絵具で描かれたものです。
俗に言う油絵というものでこちらの方が目にする機会が多いと思います。
もちろん作品の題材が洋風という意味ではありません。(^ ^;;
作風は、題材によりますが、鮮やかで華やか、くっきりはっきりという印象です。
中には、写真と見紛うものもあり、ガラスの透明感などは、是非参考にしたいところです。

工芸は、陶器や、金属、木材、プラスチック、ガラス、紙、布等などで作られた
立体作品がメインの部門です。私的には、一番好きな部門です。
立体作品は、観る角度によって表情が変わるので非常に面白いです。
じっくり見ていると、こんなところにこんな細工が!という発見する楽しみもあります。(^ ^)
写真や図録などの平面では、一側面しか見られませんので気に入った作品は実物を前後左右から堪能しましょう。

彫刻は、ブロンズ、石膏製で人物、動物をモチーフにしたも大きなものがメインです。
この部屋の人物像が所狭しとずらっと並んでいる景色はなんだか圧巻です。
箱根の彫刻の森美術館や、古代遺跡に行ったってこれだけ密集している光景を目にする機会はまぁないです。
そういった意味で非常に面白いですね。(爆)
私的には、人物像でもデフォルメされたものや、動物像に惹かれてしまいます。
インコとか良かったなぁ。(^ ^;;

書は、あえて説明するまでもないですね。
私的には、未知の部門ですが、文字のデザインという視点で見ると甲骨文のような篆書体 (てんしょたい) に惹かれます。
でも、文字だけで芸術になるのは、凄いなぁと感じます。到底アルファベットやハングル等の発音記号では味わえない文化です。
漢字は絵から発展したという歴史を再認識できるという意味で面白い部門ですね。

さて、5部門で構成される日展ですが、なにぶん作品数が多いので見て回るには、相当の体力が必要です。(ぉ)
入場料の元をとろう等と全てじっくり見て回ろうと思ってはいけません。一日かかっても無理。

では、快適に見て回る個人的なヒントを少々。
まず、貴重品以外の荷物は、ロッカーに預けましょう。国立新美術館の場合、一旦 100円が必要ですが、開けるときに戻ってきます。
とにかく歩くので少しでも身軽にしたいものです。
次に、室内は作品保護のため空調が利いてます。寒いので上着を用意する事をお勧めします。

作品の見方については、人によってそれぞれ違いますが、自分の見方としては、
まず、各ブロックに入ったら、遠めにざっくりと作品を見渡します。
その中で「これは」と思ったものだけを、やや距離を取って絵の全体を観る、
さらにその中でも、細かい部分など技法を知りたいものについてのみ近づいて観るという感じです。
自分は、受賞作品かどうかは、あまり気にしていません。
観る人の感性によって気にいる気に入らないがありますから。
もし、その部門の中で特に気に入ったものがあった場合は、忘れずに覚えておきましょう。
出口で絵葉書 (100円) や写真 (350円) が買えますよ。(^ ^)b

私的な巡回コースとしては、
10時過ぎに前半戦スタート、1Fの日本画、洋画から周り 12時になったあたりで食事と休憩、
後半戦に残りを回るという感じです。これで 15時ぐらいでしょうか。

なお、食事は各階に食事処がありますが、何処も混雑します。
1F、B1F奥のカフェが便利ですが、混雑するので先に座席を確保した方がよいでしょう。(^ ^)b
また、ここを利用する場合は相席でも構わないと割り切りましょう。譲り合いは大事です。
でないと、いつまでも席を確保できません。

私的には、B1Fショップ奥のカフェがお勧め。カレーやハッシュドビーフのほか、サンドウィッチ、お弁当もあります。
がっつり食べたい方は、パックのサラダを足すと良いでしょう。
メインの幅を食ってしまうほど予想外なボリュームでした。(^ ^;;

この絵、誰の絵? 100の名作で西洋・日本美術入門この絵、誰の絵? 100の名作で西洋・日本美術入門
(2008/08/08)
佐藤晃子

商品詳細を見る

テーマ : 絵画・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

TRISS

Author:TRISS
細々と CG、イラストを描いています。NEC製パソコン PC-98、PC98-NXに特化したパワーアップのノウハウと自作イラストの公開がメインのサイト「第三研究所」の管理人です。サイトでは PCパーツのフリーマーケットと修理・保守サービスもやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

PC-98 FDエミュレータ イラスト Express5800 CG Windows7 HxC Wi-Fi HTML S70 デジカメ ドラクエ9 体操服 落書き DMC-FX07 CloudFlash GOTEK FDD 液晶タブレット CSS PTB-TMW19B MI68 緑風荘 ザシキワラシ 任天堂 Zeit Vista Connector DELETER USB 第三研究所 CGiLLUST 3D酔い 運動会 タクシー プラモデル ミニカー 東京無線 水平同期 24.8kHz KIDインターネットパック セキセイインコ HYPER PC-9821Nr13 PC-486SE 4.5 PC-9821Ap2 セキュリティ PC-9821Nw150 PC-9821Nr300 Java SDカード SSD CLF-WF01 PC-LV16C ノートパソコン 98NOTE PC-9821Nr Gotek イベント 液晶パネル 改造 WindowsVista MY26L/E-7 ブルマ 少女 幽霊 ハイレゾモード PC-88 エラー W241DG  天体写真 神社 MateNX 東京 旅行 満月 パワースポット 女子 

検索フォーム
Amazon
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。