突撃!平城遷都 1300年祭

朱雀門
 先日、一泊二日で、奈良に行きました。出発当日、台風 4号が接近していましたが、奇跡的にかわしました。(^ ^;;
一日目は、奈良から法隆寺方面に寺院を巡り大和平群で一泊。二日目は、午前中に平城京跡、午後は定期観光バスで人と鹿だらけの奈良公園周辺寺社を回って帰路へというプランでした。天候は、一日目は曇り時々雨、二日目は晴れ時々曇りです。いやぁ、とにかく暑いです。

 平城遷都 1300年祭会場へは、JR奈良駅や、近鉄大和西大寺駅から出ているシャトルバスが便利です。なお、平城京歴史館 (有料) へ入る場合は、整理券が必要です。会場バスターミナルに付いた時点で、整理券をもらっておくことをお勧めします。
 会場は非常に広大です。歩いて一周すると一時間から一時間半は平気でかかります。夏場などは、熱中症予防を兼ね無理せず点在する休憩所で休みましょう。会場内にトラムがありますが、お年寄りや、赤ちゃん連れ等専用となっていて一般の方は利用できませんのでご注意を。移動速度は徒歩と同じ程度と非常に遅いです。
 午前中は人出が少なめ、午後から一気に増えます。食事と買い物は、会場バスターミナル横のテントにショップが集まっています。
 会場内でお勧めしたいのが、大極殿もそうですが、一番は、平城京歴史館です。遣唐使がメインテーマとなっています。各展示ポイントで映像による解説をしばらく観て、次に進むようになっています。もちろん、せんとくんも観られますよ。感銘を受けたのが最後の平城京 VRシアターです。まあ、ありがちな企画ではありますが、当時の平城京を CGで 3D風に再現したもので、若干のストーリー仕立てになっているというものです。が、ここの展示までの解説をしっかり頭に入れていると、国の近代化に命をかけた遣唐使の意気込みが伝わり、後半不覚にも号泣しそうになりました。
(^ ^;;
 というのも、この歴史館に来る前に、実際に西大寺や薬師寺といった寺院を見て回っているかどうかで後半の印象が変わると思います。映像を見て「あー、昔はこうだったのねー。」と思うとグッときます。いやマジで。
 なお、3D酔いしやすい方は中央や上側の座席は避けた方がよいでしょう。
 自分は、会場を散策後歴史館に行きましたが、順番としては、歴史館を最初に見てある程度の知識を得てから会場を散策する方がよいと思います。ただ、先述の通り整理券が必要ですので、そう思い通りにいきませんが。ちなみに、自分の場合は、9時半ごろに会場到着で、整理券は 11時入場分を配っていました。
 あとは、東院庭園もお勧めです。会場のはずれで移動が大変ですが、中華と和風の中間ともいえる一風変わった景色が楽しめます。暑いときには涼しげで良いですよ。
 
 最後に、平城遷都 1300年祭会場となる平城京跡もそうですが、各名所の敷地が広大で、ただひたすら歩くことになるのが奈良観光の特徴です。観光に行かれる方は気合を入れてかかりましょう。(^ ^)b
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

TRISS

Author:TRISS
細々と CG、イラストを描いています。NEC製パソコン PC-98、PC98-NXに特化したパワーアップのノウハウと自作イラストの公開がメインのサイト「第三研究所」の管理人です。サイトでは PCパーツのフリーマーケットと修理・保守サービスもやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

PC-98 FDエミュレータ HxC イラスト CG Express5800 Wi-Fi S70 FDD GOTEK 98NOTE MI68 HTML Windows7 DMC-FX07 デジカメ 体操服 落書き ドラクエ9 CloudFlash PTB-TMW19B 液晶タブレット イベント CSS タクシー ザシキワラシ Zeit 緑風荘 USB 第三研究所 Connector DELETER 任天堂 4.5 3D酔い プラモデル Vista 東京無線 ミニカー 水平同期 24.8kHz KIDインターネットパック CGiLLUST HYPER PC-9821Nr13 PC-486SE セキセイインコ PC-9821Ap2 Java セキュリティ PC-9821Nw150 SDカード CLF-WF01 WindowsVista SSD PC-9821Nr300 PC-LV16C PC-9821Nr PC-88 Gotek 改造 ノートパソコン 液晶パネル MY26L/E-7 MateNX ハイレゾモード ブルマ 少女 カタログ変換アダプタ W241DG 女子 エラー 幽霊  東京 神社 旅行 パワースポット 天体写真 満月 運動会 

検索フォーム
Amazon
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード