スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PC-98用 26ピン-34ピンFDDコネクタ変換基板を作りました

FDエミュレータをいろいろ検証してきましたが、FDエミュレータは 34ピンコネクタのため A MATEに代表される 26ピン FDDコネクタの機種には接続できないという事で FDDコネクタ変換基板を作ってみました。基板が穴だらけなのはノイズ対策の結果ですので気にしないでください。(^ ^;;

26ピンの FDD、NEC FD1138C, NEC FD1138T, NEC FD1148T搭載モデルに 34ピン FDDHxC Floppy Emulator、HxC化した GOTEK製 Floppy Emulatorを接続する際に便利な基板です。

FDエミュレータに限らず、FDDでも使用できる点が大きな特徴です。3モード対応の本体では、本基板のジャンパピンの設定により接続した FDD (3モードドライブに限る) を 3モードドライブとして使用可能です。
本基板に接続できる FDDは、PC-98対応ドライブに限ります。 (例:NEC FD1231T, CITIZEN Osd, SONY MPF520-Fなど)
FD1138D搭載モデルでは、別途 VFO基板が必要になります。

PC-98専用 26ピン- 34ピンFDDコネクタ変換基板 TRI-002

対応機種は次の通りです。
※全ての機種で検証したわけではありませんのでご注意ください。

PC-9801FS/FX
PC-9801BA/BA2/BA3/BS2/BX/BX2/BX3
PC-9821 modelS
PC-9821Ae/Af/An/Ap/Ap2/Ap3/As/As2/As3
PC-9821Be/Bf/Bs/Bp
PC-9821Ce/Ce2/Cs/Cs2
PC-9821Ts
PC-9821Xa/Xe/Xf/Xn/Xp/Xs/Xt (Xa、Xtは初代のみ)
PC-H98 modelU105/T
SV-98 model1/ model2
OP-98X10W/20W
SC-9821A
文豪 DP-50/50D/60/60D/70F
などなど、NEC FD1138C、FD1138T、FD1148T (26ピン) 搭載モデル

外付け FDDユニットの場合は、Logitec製品の一部などで PC-98本体内蔵ドライブとピン配置が異なるドライブがあるのでご注意ください。

接続例 1) PC-9801BX2/U2 と HxC Floppy Emulator

HxC Floppy Emulatorで 2ドライブエミュレートする場合は、本基板は 1枚で OKです。
HxC Floppy Emulatorのジャンパ設定は IDA0と IDB1のみ ONそれ以外はすべて OFFです。
TRI-002のジャンパ設定は不要です。
第一ドライブのコネクタに繋ぎます。

PC-9801BX2/U2 + TRI-002 + Floppy Emulator

接続例 2) PC-9801BX2/U2 と HxC 化した GOTEK SFR1M44-U100K

GOTEK SFR1M44-U100Kの場合は、基本的には 1台につき 1枚です。1つのコネクタに 2台つなぐのは未検証。
SFR1M44-U100Kのジャンパ設定は、第一ドライブが ID0、第二ドライブは ID1です。
TRI-002のジャンパ設定は不要です。
第一ドライブ、第二ドライブのコネクタにそれぞれ繋ぎます。

PC-9801BX2/U2 + TRI-002 + GOTEK SFR1M44-U100K

接続例 3) PC-9801BX2/U2 と 34ピン FDDの NEC FD1231T

接続できる FDDは PC-98対応、VFO無し、34ピンのドライブに限ります。
FDDの場合は、1台につき 1枚必要です。
ドライブのジャンパ設定 (DX) は、第一ドライブが 0、第二ドライブは 1です。
なお、同じ FD1231Tでもドライブ番号設定ジャンパがないドライブは PC-98非対応ですのでご注意ください。
本基板に接続した FDDを 3モードで動作させたい場合は、ジャンパ設定が必要です。
J1: 1-8, 2-7, 3-6, 4-5ショート。J2: 1-2ショートと合計 5箇所をショートに設定します。
FDDは第一ドライブ、第二ドライブのコネクタにそれぞれ繋ぎます。

PC-9801BX2/U2 + TRI-002 + FD1231T

本基板の 26ピンコネクタの 1ピンは FDDとは逆の左側になります。誤挿入防止キーは下側ですのでご注意ください。

※ 接続例画像中の TRI-002はテスト用のため電源コネクタが完成品と異なります。FDエミュレータや FDDへの電源供給にはペリフェラル小型 4ピン電源ケーブルが必要になりますので、別途ご用意ください。

初期不良一週間保証。

基板のみ: \1,800 (普通郵便送料込)
部品実装済みの完成品: \3,980 (ショートポスト別売りです。クリックポスト送料込)

ショートポスト 5個: \100 (FDDを接続する際に必要です。単品ではお譲りできません)

ご購入をご希望の方は、第三研究所・所内売店のフォームもしくはメールにてお申し込みください。m(_ _)m

※ 実装済みの完成品につきまして 34ピン側コネクタ (オス・メス) のご希望を承ります。ご指定がない場合はメスコネクタになります。
HxCを外出しにしたい場合は、 34ピン側コネクタをオスコネクタにして FDDフラットケーブルで引き出します。その際には本基板がショートしないように本体内にしっかりと固定してください。

テーマ : PC-98
ジャンル : 趣味・実用

PC-9821Nw150とPC-LV16C/WSの液晶パネル

 最近ジャンクの 98NOTE Lavieシリーズを何台か入手したので整備しつつ弄っています。今回は、PC-9821Nw150/S20 modelCの12.1インチ TFT液晶パネル NEC NL8060BC31-02と、極めて仕様の近い PC98-NX LavieNXシリーズ PC-LV16C/WSmodelDAF1の12.1インチ TFT液晶パネル AGC AA121SB11を入れ替える改造実験をしました。

 なお、本項の内容はメーカーの禁止する改造行為に当たります。メーカーへの問い合わせはお止めください。本項を参考に改造を行いお手持ちのパソコン本体や液晶パネル等が破損しても当方は一切の責任を負いません。自己責任でお願いします。

 両者は液晶パネルのネジ位置が異なるので液晶パネルを取り付けるモジュール (ノートパソコンの蓋部分) をそのままにパネルのみを入れ替えることは困難です。 AGC AA121SB11のネジ位置はハイレスポンス DSTN液晶モデルの PC-9821Nw133と同じで、TFT液晶パネル NEC NL8060BC31-02とは合いません。なので、液晶モジュール丸ごと入れ替えてしまおうと言うのが今回の主旨です。
 PC-9821Nr150/X14Fと PC-9821Nr166/X30Fではそうなのですが、型番の異なる液晶パネルを入れ替えるときは、ケーブルの接続が内部で異なる事が有るので、ケーブルごと交換するのが無難です。

 何だってこんな事をするかと言うとオーセンティック製 NTX(TM)フラットパネルスピーカを搭載した PC-LV16C/NSmodelDAF1を隠匿しているからです。(爆)
  PC-LV16C/NSmodelDAF1も AGC AA121SB11ですので、液晶パネルの互換性が確認できたらこのフラットパネルスピーカ付き液晶モジュールを PC-9821Nr300に移植すれば豪華なサウンド再生環境の PC-9821Nr300の完成となります。次の画像は、 PC-LV16C/NSmodelDAF1です。VSC-88で MIDIファイルを演奏中。(^ ^;;

 PC-LV16C/NSmodelDAF1

 次の画像は、PC-9821Nr300/S8ABです。外観が良く似ていますね。

 PC-9821Nr300/S8AB

 ちなみに、フラットスパネルピーカを搭載した PC-98にも存在します。PC-9821Nw150/S20 modelKと PC-9821Nw150/S20 modelLで共に 2000台の限定生産でした。こちらは実物を 1回ぐらいしか見た事が有りません。
 残念な事にこのフラットスピーカ搭載液晶モジュールは比較的重いので液晶モジュールのヒンジ部分が通常の物よりもヒビ割れし易い欠点が有ります。
 ちなみに、ノートパソコンの蓋は使い終わったら閉めると云う使い方をしてはいけません。開け閉めを繰り返すとヒンジ部分に負荷が掛かり筺体にひびが入り最終的に割れます。この蓋は設置場所を移動するときだけ閉めます。一度設置したら後はあけっぱなしで使いましょう。(^ ^)b

 さて、実際の作業ですが、 PC-LV16C/WSmodelDAF1から液晶モジュールを外し、PC-9821Nw150/S20 model C本体に取り付けるだけです。ココを読む方はそれなりの腕が有る方だと思いますので細かい分解方法は省きます。どうしても知りたい方はメールでどうぞ。(^ ^;;

 この状態で電源を入れるとメモリカウントが液晶パネルに表示され正常に使用できました。その後 Windows98を起動してみましたが、不具合は有りませんでした。(^ ^)
 この PC-9821Nw150の CPU MMX Pentium 150MHzは結構発熱が有ります。画像の様にバラックで動作させると CPUを焼損する危険があるので真似しないようにしましょう。

 PC-9821Nw150/S20にて実験中

 と言う訳で NEC NL8060BC31-02と AGC AA121SB11は画面表示については互換性がある事が分かりました。なお、PC-9821Nr150/S20以降ではNEC NL8060BC31-09が使用されていますが仕様としては同じですのでこちらも交換できます。

 では、早速 PC-LV16C/NSmodelDAF1をばらして PC-9821Nr300にフラットパネルスピーカ付き液晶モジュールの載せ換えをと思いましたが、97年 10月の PC-LV16C発売当時は PC98-NXのたち上げの時期でもあり NECもかなり気合が入っていたらしく、PC-LV16C系統のモデム内蔵モデルには本体の底にウーファスピーカ (低音用スピーカ) を搭載した贅沢な 3スピーカ構成となっています。
 つまり、サウンド再生という面からすると無理に PC-9821Nr300に搭載するよりも元の PC-LV16C/NSmodelDAF1の方が勝っています。とはいえ、肝心な CPUパワーはMMX Pentium 300MHzの PC-9821Nr300に比べれば PC-LV16C/NSmodelDAF1は MMX Pentium 166MHzなので 大きく劣ります。なかなか難しいところですね。
 結局のところ手間を掛けて PC-9821Nr300を改造するよりは、そのまま PC-LV16C/NSmodelDAF1として使った方がいいような気もしますな。(^ ^;;

 最後に PC-9821Nw150, PC-9821Nr系と PC-LV16C, PC-VP16C系は見た目がほぼ同じですが、中身のネジ位置はもとよりゴム足の形状まで異なるという全くの別物です。流用できるパーツは殆ど無いのでご注意を。

 PC-LV16C, PC-VP16C系から PC-9821Nw150, PC-9821Nr系に流用できるパーツは次の通りです。

 ・12.1インチ TFT液晶モジュール (13.3インチは NG)
 ・電源スイッチ基板
 ・PS/2、パラレル I/F部の蓋
 ・ステレオスピーカ
 ・RS-232Cシリアル、アナログ RGB出力部の蓋 (ただし拡張コネクタの余計なマークが入ります (^ ^;;)
 ・メモリモジュール (EDO DRAM搭載モデルのみ)
 ・CD-ROMドライブと接続ケーブル (Nw150の TEACコネクタを東芝コネクタに変換するのに便利)
 ・FDD接続ケーブル (固定金具は合わない、FDD流用不可)
 ・HDDと接続ケーブル (固定金具は合わない)
 ・カレンダ時計バックアップ用リチウム電池 (VL2320)
 ・バッテリー部の蓋
 ・Ni-MHタイプのバッテリー (厳密には容量が異なる。Li-Ionタイプも使えますが危険です)
 ・ACアダプター
 ・ネジ

テーマ : PC-98
ジャンル : 趣味・実用

CloudFlash と JAVAのセキュリティエラー

 Panasonicのデジカメ DMC-FX07でパソコンに画像ファイルを取り込むのに SDカードを取り出す手間から解放されました。本当に便利ですよコレ。(^ ^)

 CloudFlashの画像ファイルにアクセスするためには CloudFlashのアドレス「http://192.168.1.1」 へブラウザでアクセスする訳ですが、Windows 7 + Internet Exproler 11 の環境では複数のファイルを一括でダウンロード「Multi Download」をしようとすると Javaセキュリティエラーダイアログが立ち上がり、「ご使用のセキュリティ設定により自己署名付きアプリケーションの実行がブロックされています」とメッセージが出てブロックされてしまう事が有ります。

 これは Java 7 Update 51以降ではセキュリティが強化され、信頼できないソースの証明書を使用したJavaアプリケーションがデフォルトでブロックされるようになったためです。

 Java公式ページ 「Javaからセキュリティ・プロンプトが表示される場合はどうすればよいですか。 」https://www.java.com/ja/download/help/appsecuritydialogs.xml

 これを回避するには Javaセキュリティ設定のホワイトリストに CloudFlashのアドレスを追加する必要が有ります。この作業はJavaのセキュリティ設定に変更を加えますのでご注意ください。手順は次の通りです。

1. 「コントロールパネル」の「プログラム」から「Java」をクリックし、「Javaコントロール・パネル」を起動します。

2. 「セキュリティ」タブをクリックし、「例外サイト・リスト」に CloudFlashのアドレス「http://192.168.1.1」を追加します。

3. 「OK」ボタンをクリックして変更を保存する。

 以上で複数ファイルを選択して一括ダウンロードができるようになります。お困りの方はお試しください。(^ ^)b

Spectec Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ CloudFlash CLF-WF01 Rev.2Spectec Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ CloudFlash CLF-WF01 Rev.2
()
CloudFlash

商品詳細を見る

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ CloudFlash と DMC-FX07

 Spectec Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ CloudFlash CLF-WF01 Rev.2の使用レポートです。

 普段サイトで使用している画像は Panasonic Lumix DMC-FX07を使用しています。720万画素のコンパクトデジカメです。
使い勝手が良く気が付くと買ってから 8年経っていますなぁ。(^ ^;;

 Panasonic Lumix DMC-FX07


 いつも画像をパソコンに取り込むには SDカードを抜き USBのリーダに取り付けて取り込みますが手間が掛かって面倒。
この手間をなんとか省けないかと注目したものが、カードを取りださずに無線 LANで保存した画像ファイルにアクセスできる搭載の Toshibaの無線 LAN搭載 SDHCカード Flash Airでしたが 8GBタイプでも実売で 四千円近くと何気に高く、そもそも古いデジカメで使えるかどうか分からないので二の足を踏んでおりました。

 そこで注目したのが Spectec Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ CloudFlash CLF-WF01 Rev.2です。他にも似たようなものは有りますが、一番安いのでこれにしました。SDカードが 4枚入るケース付きです。もちろんのことですが、8年前の製品である DMC-FX07は対応機種に入っていません。
 現行製品は Rev.2ですのでご注意を。従来よりも対応機種が増えたようです。

 CloudFlashパッケージ

 この製品は Flash Airの様に本体にフラッシュメモリを内蔵しておらず、別途 microSDHCカードを差し込むようになっています。Flash Airの場合は保存するファイルごとに何枚も買う必要が有りますが、コスト的には差し替えができる方が便利ですね。(^ ^)b

CloudFlash自体は、SDカードに変換するアダプタの形をしています。

 CloudFlash本体

 とりあえず手元に転がっていた CFD販売の micro SDHCカード Class6 4GBを取りつけて DMC-FX07に取り付けてみました。特に不具合もなく普通の SDカードとして認識されており、保存されていたファイルも表示できました。

 次にパソコンでの設定ですが、説明書はパッケージに付属しておらず公式サイト http://cloudflash.jp/ から PDFファイルでダウンロードするようになっています。パッケージのもその旨注意書きが有ります。その点ご注意ください。

 今回のパソコンは、NEC Express5800/S70タイプ RB、OSは Windows7 Ultimateです。使用した無線 LAN子機は、I-O DATAの WN-GDN/US3です。

DMC-FX07に CloudFlash + microSDHC 4GBを入れた状態でデジカメの電源を入れます。この時にデジカメのパワーセーブモードは解除しておきます。解除しておかないとパワーセブモードに入るたびに通信が途切れてしまい、接続からやり直す事になります。(^ ^;;
 パソコン側でワイヤレスネットワークを検索すると1から2分程度掛りますが「CloudFlash」という SSIDが表示されクリックすることで接続できました。デフォルトでは、暗号化は行われていません。このとき、LANでインターネットに接続している場合は、一旦接続を無効にして切断必要が有ります。
 電波の強さはミニタワーの本体背面の USB端子に子機を取りつけていますが、デジカメをパソコンの正面側に置き、子機から 40cm程度放しても電波の状態は「強い」となりましたので結構電波は飛ぶようです。

 ブラウザを立ち上げアドレスに「http://192.168.1.1」を入れると CloudFlashのページが表示され、画像ファイルに無事アクセスでき、画像の表示、ダウンロードとも正常にできました。(^ ^)
 画像ファイルの表示については、Windows7のエクスプローラ「大アイコン」表示よりちょっと遅いくらいで私的にはそれほど遅くは感じられませんでしたが、ファイル数が極端に多いとすべて表示するのにかなり待たされますので、画像を見て特定のものを探すのは大変かもしれません。 

 注意点としてはデフォルトでは暗号化が有りません。WPA2暗号化は必ず「ON」にしましょう。SSIDが「CloudFlash」になっていますが変えた方が無難です。あとは、使わない時はこまめに電源を切る事もセキュリティ対策としては有効ですね。(^ ^)b

 いまのところまだ実験程度ですので電池がどの程度の速さで消耗するのか分かりませんが、通常よりも早くなるのは間違いないと思います。

 Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ CloudFlashは、古いデジカメの DMC-FX07でも何ら問題なく使用できました。これでいちいちサイトにアップする画像をパソコンに取り込むために SDカードを出し入れする必要が無くなるので助かります。この様な用途では非常に便利な製品でお勧めです。
 

Spectec Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ CloudFlash CLF-WF01 Rev.2Spectec Wi-Fi内蔵SDカードアダプタ CloudFlash CLF-WF01 Rev.2
()
CloudFlash

商品詳細を見る

東芝 microSDHC 16GB Class10 30MB/s UHS-I 防水 耐X線 TOSHIBA 海外向けパッケージ品東芝 microSDHC 16GB Class10 30MB/s UHS-I 防水 耐X線 TOSHIBA 海外向けパッケージ品
()
東芝(TOSHIBA)

商品詳細を見る

東芝 無線LAN搭載 Flash Air Wi-Fi SDHCカード 8GB Class10  SD-R008GR7AL01 4904550894378東芝 無線LAN搭載 Flash Air Wi-Fi SDHCカード 8GB Class10 SD-R008GR7AL01 4904550894378
()
東芝(TOSHIBA)

商品詳細を見る

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

NEC Mate NX PC-MY26L/E-7の SSD化

● はじめに
 メール受信専用に使っていた PC-MY30A/E-5の HDDの動作が怪しいので、新しい HDDに交換しようと思いネットで適当なドライブを探してみたところ容量が少なめで安いドライブが無い。
 さらに調べてみると 40GBクラスの SSDが安いらしい。もっとも、安いモデルは書き込み速度が遅い物が殆どな訳ですが、予算優先で速度は二の次と言うことで「coneco.net」で一番安かった 32GBの SSDである Silicon Powerの「SP032GBSS2T10S25」を Sofmapで購入。

今回の SSD

 PC-MY30A/E-5に搭載しようと思ったのですが、良い機会なのでマシンを入れ替え Core2 Duo E8600 (3.33GHz) に換装した PC-MY26L/E-7に導入してみました。メモリは 4GBです。

● NEC Mate NX PC-MY26L/E-7

NEC Mate NX PC-MY26L/E-7

 PC-MY26L/E-7は、NECのビジネス向けパソコン Mate NXシリーズの省スペースデスクトップモデル、タイプMEです。小型ですので設置スペースが少なくて済みます。騒音も静かな方です。
 チップセットは Intel Q45 Express + ICH10DO、CPUは第二世代の Pentium Dual-Core E5300 2.6GHz、メモリは DDR3 SDRAMです。
 PC-MY26L/E-7の仕様等の詳細についてはこちらの記事をどうぞ。第三研究所 PC-MY26L/E-7ネタ

● 3.5インチ-2.5インチ変換金具
 PC-MY26L/E-7の HDD取り付け金具は 3.5インチサイズ、購入した SSDは 2.5インチサイズなので 3.5インチへ変換する金具を用意しました。
 使用したものは、数年前に秋葉原の故 T・ZONEで購入した Japan Valueの「PH-35ZM25W」です。この金具は 3.5インチサイズに変換するだけでなく 2.5インチ HDDや SSDを二台取り付けられるものです。

SSDに変換金具を取り付け

● SSDの取り付け
 取り付けですが、SSDを 3.5インチ変換金具を介して PC-MY26L/E-7の HDD取り付け金具に取り付けます。
 難しい事は何もありませんが、注意すべき事は取りつけネジでしょうか。元の HDDはインチネジ、PH-35ZM25Wはミリネジです。見分け方はネジの山のピッチが狭い方がミリネジ、広い方がインチネジです。
 あと、Mate NXシリーズの省スペースデスクトップモデル、タイプMEでは HDDケースにノイズ対策の銅板 (次の写真参照) が付いている物は必ず下側のスロットに取り付けます。これを上に取り付けるとこの爪が折れてしまいます。

パソコンの HDD金具への取り付け

 SSDを HDD取り付け金具に固定したら PC-MY26L/E-7に取り付け、SATAケーブルと電源ケーブルを接続しました。

本体への取り付け


● Windows Vista Buisinessのインストール
 電源を入れ、「f・2」キーを押してセットアップ画面 (BIOS) を表示し SSDが認識されている事を確認、併せて SATAの動作モードが「AHCI」である事を確認しました。
 ちなみに、PC-MY30A/E-5は「IDE」モード固定、PC-MY26L/E-7はデフォルトで「AHCI」モードになっています。
 OSは本体付属の再セットアップ DVD-ROMでインストールしました。OSは Windows Vista Buisiness SP1 (32bit)です。

● カスタム再セットアップ
 Windows XPであれば 32GBの HDDでもそれほど問題無いのですが、Vistaとなるとかなり厳しい物が有ります。以前使用していた PC-MY30A/E-5では、Vista Buisinessに Officeをインストールして 29GB程度でした。(^ ^;;
 そこで、マニュアル/アプリケーション CD-ROMから起動し、再セットアップ開始時に「カスタム」を選択。パーティションを区切らず Cドライブ一括で確保するようにしました。
 この場合は、DtoDの「再セットアップ領域」は作られませんが、再セットアップ用 DVD-ROMがあるので問題はありません。

 再セットアップを開始してから約 2時間後、SSDへの再セットアップは無事終了。その後、SP2をインストールし、ネットに接続して Windows Update経由でパッチを延々当てる訳ですが、
トータルで掛かった時間は「HDDの時も若干速いかな」ぐらいで HDDとそれほど変わりませんでした。

● SSDの容量削減
 一通りセットアップが終わった時点で、Gavotte Ramdiskで約 700MBの RAMディスクを作成し、Excelのファイルを開きたいので Vewerをインストールして SSDの使用容量は 28GB、残りは 4GB程度でした。

 ここで、以下のファイルを削除して容量を稼ぎます。

○Windows Updateでダウンロードしたファイル
 Windows Updateでダウンロードしたパッチは後で問題が有ったときに戻せるように保存されていますが、余程の事が無い限り戻す事は無いので、動作に異常が無ければ削除しても問題有りません。セットアップ完了時点で 4GB有りました。手動で削除しますが、今回は面倒なので Kingsoftの System Defenderを使いました。(^ ^;;

○Windowsのページング ファイルの容量を 512MBにして RAMディスクへ移動
 「コントロールパネル」から「システム」をクリックし、「システムの詳細設定」から「パフォーマンス」の「設定」をクリック。
 「詳細設定」タブから「仮想メモリ」の「変更」をクリックし、Cドライブをクリックしてから「ページングファイルなし」を選んで「設定」をクリック。
 次に作成した RAMディスクをクリックして「カスタムサイズ」を選びサイズを初期 256MB、最大 512MBにして「設定」をクリック。
 最後に「OK」をクリックして再起動します。これで、SSDから「pagefile.sys」が消えます。
○Internet Exprolerの一時ファイルを 50MBに設定して RAMディスクへ移動
 IEの場合は、「インターネットオプション」から「閲覧の履歴」欄の「設定」をクリック。
 「インターネット一時ファイル」タブの「使用するディスク領域」を「50MB」に設定。
 「フォルダーの移動」をクリックして保存先を RAMディスクに変更し「OK」をクリックします。
 これで、IEの一時ファイルは電源を切るたびに綺麗さっぱり消えるようになります。なお、履歴やクッキーは他のところに保存されているので消えません。
○ハイバネーションを停止
 スリープは、メモリに通電させて内容を保持しますが、ハイバネーションは、同時にメモリの内容を全て HDD/ SSDに保存します。
 万が一電源が切れても保存したデータから復帰出来るのですが、バッテリ駆動で不意に電源が落ちるようなノートパソコンでは有用なもののデスクトップではあまり意味が有りません。また、必ずしも正常に復帰できるとも限りません。
 ハイバネーションが有効になっていると、メモリ容量によりますが、メモリ 4GB (実質 3.25GB) の場合は 3.5GB程度の容量を「hiberfil.sys」で食いますので、これを無効にするとSSDの容量を節約できます。
 ちなみに、ハイバネーションを無効にしてもスリープ中に電源が切れるような事が無ければ何ら問題ありません
 無効にする方法は、「スタート」の「アクセサリ」から「コマンドプロンプト」を選んで右クリック「管理者として実行」をクリックして起動します。
 「powercfg.exe /hibernate off」と入力し「Enter」を押せば OKです。
 もし、再び有効にしたい場合は、「powercfg.exe /hibernate on」で戻せます。ただし戻す際は、SSDの残り容量にご注意ください。
 現在有効か無効か確認する場合は、「powercfg.exe /a」でステータスが確認できます。

 これで SSDの使用容量は 22GB、残り 10GBになりました。

● ベンチマーク
 ちなみにこのマシン
  CPU: Intel Core2 Duo E8600 3.33GHz
  メモリ: PC-8500 DDR3 SDRAM 4GB
  グラフィック: Nvidia Quadro NVS290 (NEC N8005-FS17)
 での Windowsエクスペリエンスインデックス (Vista) は次のようになりました。

Windowsエクスペリエンスインデックス

 SP032GBSS2T10S25の CrystalDiskMarkベンチマークはこちら

CrystalDiskMark

 HDDに比べ読み込みは圧倒的な速さですが、やはり、書き込みの速度は他の SSDと比較して書き込みが遅いです。(´・ω・`)
 実際 OSの起動に関してそれほど速くなったと云う印象は受けません。
 この SSDには速さは期待してはいけませんが、容量をそれほど必要としない環境でとにかく安く (故障などで) 新しいドライブに交換したいという向きには良いですね。(^ ^)

シリコンパワー 2.5インチSolid State Disk 高速転送 SATA(SATAI/II)準拠 32GB MLCチップ採用 SP032GBSSDE20S25シリコンパワー 2.5インチSolid State Disk 高速転送 SATA(SATAI/II)準拠 32GB MLCチップ採用 SP032GBSSDE20S25
(2010/12/07)
シリコンパワー

商品詳細を見る

インテル SSD DC S3500 Series (Wolfsville) 160GB BLK SSDSC2BB160G401インテル SSD DC S3500 Series (Wolfsville) 160GB BLK SSDSC2BB160G401
(2013/05/16)
インテル

商品詳細を見る

テーマ : PCパーツ
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

TRISS

Author:TRISS
細々と CG、イラストを描いています。NEC製パソコン PC-98、PC98-NXに特化したパワーアップのノウハウと自作イラストの公開がメインのサイト「第三研究所」の管理人です。サイトでは PCパーツのフリーマーケットと修理・保守サービスもやってます。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
ユーザータグ

PC-98 FDエミュレータ イラスト Express5800 CG Windows7 HxC Wi-Fi HTML S70 デジカメ ドラクエ9 体操服 落書き DMC-FX07 CloudFlash GOTEK FDD 液晶タブレット CSS PTB-TMW19B MI68 緑風荘 ザシキワラシ 任天堂 Zeit Vista Connector DELETER USB 第三研究所 CGiLLUST 3D酔い 運動会 タクシー プラモデル ミニカー 東京無線 水平同期 24.8kHz KIDインターネットパック セキセイインコ HYPER PC-9821Nr13 PC-486SE 4.5 PC-9821Ap2 セキュリティ PC-9821Nw150 PC-9821Nr300 Java SDカード SSD CLF-WF01 PC-LV16C ノートパソコン 98NOTE PC-9821Nr Gotek イベント 液晶パネル 改造 WindowsVista MY26L/E-7 ブルマ 少女 幽霊 ハイレゾモード PC-88 エラー W241DG  天体写真 神社 MateNX 東京 旅行 満月 パワースポット 女子 

検索フォーム
Amazon
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。